シップ・オブ・ザ・イヤー2019 部門賞 受賞

シップ・オブ・ザ・イヤー2019(日本船舶海洋工学会主催)において、
リチウムイオン電池搭載型ハイブリッド貨物船『うたしま』が、小型貨物船部門賞を受賞しました。

 

『うたしま』は、日本国内の内航貨物船として、初のリチウムイオン電池を利用したハイブリッド推進システムを搭載し、環境に優しいのはもちろんのこと、人にも優しい船舶として建造されました。

通常航行時は、主機運転モードとして、ディーゼルエンジンで航行、軸発電機によりリチウムイオン電池に充電します。

港内や低速の短距離航行時は、ゼロエミッション航海モードに切り替え、電池に蓄電された電力を用いてモーターによる航行を行います。

停泊中はゼロエミッション停泊モードにして、電池で船内電力を供給します。

これらの航海モードの活用によりCO2削減、船員労働負荷低減、居住環境の改善を実現しました。

 

電気推進内航コンテナ船『ふたば』曳船『梅丸』CRP搭載型ハイブリッド貨物船『はいぱーえこ』に続き、6年間に4度目の栄誉となる今回の受賞は、日々挑戦し続ける姿勢のあらわれであります。

 

向島ドックは、これからも従来の概念にとらわれない創造性とチャレンジ精神で、内航海運の発展のため、微力ながら貢献してまいります。

 

向島ドック株式会社の事業内容・お問い合わせはこちらから