採用情報 recruit

尾道で日本の物流を守る仕事

向島ドックでは、若い社員が多く、
やる気次第で自分の思い描く仕事が出来る
チャンスにあふれています。
あなたの創造力を思う存分活かし、
ともに人生を謳歌しましょう。

代表メッセージ

久野 智寛

代表取締役 社長

久野 智寛

1976年 愛知県西尾市吉良町生まれ。中央大学経済学部卒。
2016年 向島ドック㈱入社。執行役員就任。
2017年 取締役就任。
2021年 専務取締役就任。
2022年 代表取締役社長就任。

国内トップクラスの船舶修理業

当社は、内航船を主体とする船舶修理専業ヤードです。船舶の修理といってもなじみが薄く、どんな仕事かわかりにくいでしょうが、車でいうところの車検と板金塗装だと考えて頂ければ結構です。当社で取り扱う修理船舶の隻数は、年間約400隻を誇っています。

『よい会社』をいっしょにつくりましょう

私の思う“よい会社”とは「お客様に喜ばれるサービスを提供し、社会に貢献する会社、働く人が倖せな会社」です。

働く人の倖せとは、第一に ”働くこと そのもの” から得られる倖せ、次に ”経済的な豊かさ” から得られる倖せで、この二つが、この順番で、かつ、両立していることだと思っています。
みなさんの描く “よい会社” とはどんなでしょうか? すべては、そこから始まります。そうすると、それってどういうこと?どうしたらいい? ということが次々と出てきます。
私の思いと・・・役割、役職、部署、社歴、年齢、性別、それぞれ違う、多様な社員の “よい会社” への思いが融合して、全社員の思い=向島ドックのビジョン・理念となっていきます。
それを、みんなで手分けして、実行・実行・実行!! 気がつけば・・・お客様からは「ここまでやるのか向島ドック」と言っていただける。
社員ひとり一人は、各分野で自他ともに認める誇り高きプロフェッショナルになっています。
そんな ”よい会社” をいっしょにつくりましょう。

 

次なる世代へ・・・

向島ドックでは、若い社員が多く世代交代を迎える中、コア事業である船舶修理のさらなる発展を支える人材、及び新規事業拡大に伴うフレキシビリティ豊富な人材を求めています。あなたの創造力を思う存分活かし、ともに人生を謳歌しましょう。

船の修理ってどうやるの?

そんな疑問にお答えします!

おもな作業を動画でご紹介します。

作業は、おおまかに『船体』『機関』『電気』3つの部門に分かれています。
向島ドックでは、工事の期間を平均6日間で行っています。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目
船体 船の出し入れ ドック入れ ドック出し 出港
鉄工 切断 取付 溶接
塗装 水洗い 下地処理 さび止め 上塗り マーキング
機関 エンジン 取外し 整備 組立 テスト運転 海上テスト
プロペラ 取外し 整備・組立 取付
電気 絶縁テスト 操舵機の点検 電気機器取付

数字で見る向島ドック

有給消化率・残業時間・平均年収

年度 2019 2020

2021

30歳平均年収(大卒) 490万円 501万円

506万円

30歳平均年収(高卒) 392万円 446万円 450万円
30歳平均年収(全体) 441万円 451万円 478万円
1ヶ月当たりの平均残業時間 23.5時間 21.5時間 24.4時間
有休消化率 69.08% 66.13% 66.72%

年間賞与月数

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
月数 5.3 5.7 5.3 7.5 6.5 6.0 6.0 5.6 5.7 6.9

向島ドック 採用情報SNS

向島ドック株式会社の事業内容・お問い合わせはこちらから